イナガキ眼科の手術について

イナガキ眼科 副院長 稲垣圭司

手術執刀を担当する副院長の稲垣圭司と申します。
私は聖路加国際病院眼科、順天堂大学付属浦安病院眼科で手術の研鑽を積み、現在、聖路加国際病院眼科で白内障手術、網膜硝子体手術を中心とした眼科手術の執刀、また聖路加国際病院眼科医師への手術教育・指導を行っております。

聖路加国際病院は全国から重症な白内障、網膜硝子体疾患(網膜剥離、糖尿病網膜症、黄斑前膜、黄斑円孔など)が紹介されてくる先進的な施設です。

私は聖路加国際病院で全国から紹介されてくる難治性の白内障手術、網膜硝子体手術症例の執刀を主に担当しており、豊富な手術経験を有しておりますので、あらゆる不測の事態、合併症に対しても的確な対応を行うことが出来ると自負しております。

2016年に移転を決めた時からイナガキ眼科の手術室の設置に取り組み、聖路加国際病院で培った手術技術を全て引き出せる最高の手術室を作り上げる事ができました。

白内障手術で最も恐ろしい合併症の1つに手術後、眼内に菌が入り、重篤な感染症を引き起こし最悪失明に至る眼内炎という合併症があります。

イナガキ眼科の手術室はクラス10000という最高ランクの清潔度を保ち、HEPAフィルターという埃や塵を除去する特別な換気システムでウイルスなどの感染予防を厳格に行っており、万全な眼内炎対策を行っております。
また、最新の手術機器と検査機器を用いて、最適な術式を選択し安全で丁寧な手術を行うことを心がけております。

生まれ育った浦安に最高の手術室を作り、多くの目で困っている患者さんを手術して、喜んで頂く事が私の夢です。 手術についてわからない事があったら何でも聞いてください。ご理解いただけるまで説明させていただきます。 よろしくお願いいたします。

■手術用顕微鏡(ZEISS社)
■白内障手術装置
CENTURION VISION SYSTEM®(ALCON製)
多焦点眼内レンズを用いた白内障手術について